おすすめの出会いTOP > 地域別に出会いを見つけたい!

地域別のおすすめの出会い系


地域別に出会いを見つけたいと考えることは当然でしょう。遠くの方では実際に会うことが難しいですからね。地域別にお相手を見つけてリアルな出会いを満喫してください。当サイトで掲載している地域別の出会い系サイトは、私自身がそれぞれの都道府県女性とチャットを通じて聞き出した“その地域の女性ががよく利用する出会い系サイト”です。話を聞いた女性の数はそれぞれ多いわけではありませんが、生の声を反映しておりますので、一定の信頼度はあります。


地域で人の性質は大きく違います

地域別に出会いを求める方が多いのは当然です。遠くの方よりは近くの人、そんなに時間をかけることなく出会えることが良いですよね?

では地域別で出会いを見つけるにはどうするか?答えは簡単。その地域で頻繁に利用されている出会い系を利用することです。

これはシンプルなことですが、最も確実に地域で出会いを見つけられるのでおすすめです。

日本は狭い国ですが、地域によって人の気質もだいぶ違います。北海道や東北の方は比較的のんびり屋が多いです。また内気な性格の人が多いです。関東は東北がルーツと言われるだけあって、生真面目な性格の方が多く、自己主張型ではないものの、人が集まるところには好んで集まるという習性があるように思います。

そして、西日本に向かうと出会いに対しては積極的な方が多いですね。他人と打ち解けるのが得意な方が多いのでしょう。

ちょっと考えただけでも地域性というのはこんな感じであります。これをさらに都道府県別に見ていくとまた違ってくるものです。もっと言えば、同じ都道府県でも海側の地域と山側の地域では性格がガラッと変わります。沿岸の地域の人は気性が荒い人が多いですし、内陸の地域の人は内気な人が多いですよね。

とは言うものの、地域別に出会いを探すと言ってもネットの出会いコミュティではさすがにそこまで詳しく調べることは出来ません。せいぜい市区町村単位です。まぁ、ここまで検索できれば大したものだと思いますが。

地域ごとに人の性格は大きく違いがありますので、その地域で良く利用されている出会い系サイトを利用することが出会いの近道だと言えるでしょう。

地域別で検索する人の特徴

地域別で出会い系を探す人にはある特徴があることをご存知でしょうか?

その地域が地元で、そこで出会いを探している方はもちろんなのですが、それ以外にも多く利用されているのが出張族です。

頻繁に日本を飛び回って出張している方は出会い系を利用して、その場限りの出会いを楽しんでいるようです。私も以前に素敵な女性との出会いを体験したことがあります。当時私は飲食店で勤務していたのですが、そこに一人で訪れたキャリアウーマン風な女性。商品説明をしていたら色々と土地のことを質問されてすっかりと仲良くなり、出張でこちらに来た時には楽しい時間を過ごしたものです。(今は結婚されて退職したようですが。)

例えば、今夜の宿はあるけど、ご飯の美味しいお店が分からない⇒その土地のお酒も飲みたい⇒でも一人で行きたくない⇒それなら手っ取り早く出会い系でこの地域の人を捕まえちゃおう!

そんな訳ない?いいえ、そんな感じですよ。男性も女性もそんな感じです。馴染みのない土地で知らない異性と甘い一夜を過ごす人達って多いものです。

出張で訪れている人は出会える確率が高いですので、もしも掲示板に書かれていたら積極的にアポを取りましょう。また、このような方の場合、掲示板よりもボイスメッセージ機能がある出会い系を利用していることも多いです。何故なら時間がかからないからです。夜のお相手を日中、仕事時間に探していることが多いですからわざわざ掲示板に書いている時間がありません。それよりは音声でやり取り出来るサイトの方が早くて便利でしょう。

もしもあなたが、出張を頻繁にされる方で地域別に出会いを見つけたいのであれば当サイトをブックマークに入れていただけると幸いです。


広辞苑に載っていない言葉――県民性

人はよく「薩摩隼人は信念を曲げない一本気な人」、「大阪人は食通で、京都人は着道楽」、「長野県人は理屈っぽい」、といったように、県民気質、地域の特徴をを土地柄で例えます。また、「さすが薩摩の男だ。肝が据わっている」、「彼は岩手県人なので無愛想だ」と出身地の県民性を引き合いに出して人物評定したり、「山口県と福島県の相性が悪い」といわれるように、長州と会津の戊辰戦争の遺恨はいまだ尾を引き、両県の確執は根深いものがあります。

このように、私たちの日常に県民性は根付いています。だが、「県民性」という言葉は、学術用語として認知されてはいません。その証拠に、広辞苑や大辞林といった国語辞典に、「県民性」という言葉は載っていません。この件に関する詮索・能書きは後日に譲るとし、ここでは「県民性とは、行政区分による各都道府県内の精神風土に関する地域性を指す。それは地域の自然や歴史のもとで育まれてきた、その地域ならではの気質・気風にほかならない」と定義し、県民性を考察します。

なお、鹿児島の切り花の年間購入金額が多い、長崎のカステラ購入率が高いといった食事の好みや傾向、福井県の一世帯当たり預貯金額は全国1位といった支出金額の差や消費傾向などの消費傾向を含めて県民性とする見方もあります。だが、県民性の本質は気質とすると、消費傾向などは県民性という属性から派生する現象であり地域格差や地域特性とするのが妥当でありましょう。

豊かな海に四方を囲まれた日本列島の内陸は、険しい山と川にへだてられ、盆地ごとの小さな地域社会の連合体が形成され、各地域に個性豊かな文化を生み出してきました。情報化社会の進展によって文化の画一化が進み、地域の特徴は薄れてはいます。加えて、道路・交通網の整備が進み、県境を越えての人々の移動は日常化しました。こうした均一化が進む時代にあって、行政区分で地域性を見るのは時代遅れでナンセンス、との指摘も聞かれます。

しかしながら、律令の時代から歴史が育んできたお国柄、特有の気質といった地域性は今も色濃く残っています。また、同じ地域の中で生活し、互いに「文化を共有」していることから、物の見方や考え方、生活習慣や嗜好といったものに、一定の傾向や共通性が見られることは必然性を持ちます。こうした理由から、人それぞれが生活し仕事を営んでいる行政域単位で地域性を探り、その変化の方向を観察していくことは、時代の動きを見すえていくうえで、興味深くまた、地域特性を知る上からも有意義な事であります。


県民性は風土・歴史によって育まれ形成されてきた

鹿児島県の場合、中世まで多くの荘園に別れていた薩摩、大隅の二国と日向の一部地域が、島津によって統一・支配されていく中で、島津家の持つ気質、文化の押しつけ、浸透を図り、これが江戸時代に薩摩藩特有の気質、文化が形成されました。

なお、同じ県内であっても南北で、あるいは山や川を挟んで土地柄が違うといった状況も、数多くみられます。山、川などの地勢や自然環境、遠く律令の時代にさかのぼる藩、旧国名制度の歴史とその名残、そこから生じた民俗・生活様式などにより気質は異なり、県内でも地域によって気質、生活慣習が大きく異なるという例は各地に見られます。

著しい違いを示す象徴的な事例として、長野県があげられます。長野県は長野、上田、佐久、松本、伊那と六つの盆地それぞれが生活・文化・経済圏を形成しています。幕末に松本、諏訪、上田、など11藩があり、異質な地域社会が構成されていたものを、廃藩置県で一つの県にまとめたという経緯から、「長野県は信州合衆国だ」と言い切る県民もいるほどです。

また、愛知県は、古代は、尾張国(木曽川・庄内川地域)、三河国(西三河の矢作川地域)、穂国(東三河の豊川地域)の3国に分かれていましたが、大化の改新後、尾張、三河の2国となり、これが江戸時代まで続きました。明治4年の廃藩置県で、尾張(知多郡を除く)は名古屋県に、三河と尾張の知多郡は額田県となり、明治5年に名古屋県は愛知県と改められ、同年額田県を廃して愛知県の管轄に移し、尾張国、三河国は愛知県として統一されました。こうした経緯もあって尾張と三河では、土地柄、気質ともに異な ります。

同様な事例は、青森県の弘前vs八戸、山形県の山形市vs酒田市、広島県の広島市vs福山市、静岡県の静岡市vs浜松市など全国各地に見られます。


↑ページの先頭へ